出会い

それからは、ちほもみのるのことを意識するようになる。
いつもの電車に乗っているかどうか気になるようになった。
そして、そこに乗り合わせているとほっとする。
ちほにとっても勉強ばかりの学校生活だけではない青春と呼べるような出会いが訪れた。

こんなに歳の差があるのに何かを感じるのは、前世で出会っていたのかも知れない。

出会い

そんな、みのるは毎日同じ車両に乗るちほが気になる存在でした。
ちほもいつも自分を見つめているみのるのことが気になっていた。
そんな二人がふとしたことで会話をすることになる。
電車が急ブレーキをかけて止まった。
そのときちほは、みのるにぶつかったのだ。
ちほの『すみません』
みのるの『大丈夫?』
この一言が二人の距離を縮めた。

プロローグ

ちほは高校3年生、受験生だ。
A県にあるN大学を受験する予定だ。
将来は外交官になりたいと思っている。
世界を駆け巡る才女だ。

プロローグ

みのるは46才のバツイチだ。
奥さんとはうまが合わずに家庭内別居の末に別れた。
子供が二人いる。
みのるは養育費を払うために小説を書いて、自分で手売りしている駆け出しの小説家だ。

子供に会える日を夢見て、日々を送っていた。
人生には、いろいろなことが起こる。

子供のことを思うと、みのるは励まされる。

いつもの

電車に乗っていると不思議と同じ人が乗っていることに気付く。
当たり前と言えばそれまでだ。
通勤や通学で使う人が乗っているとそうなるのもわかる。
そして、いつもの人とすれ違い、そうやって一日が過ぎるのだ。

いつもの

みのるはいつも、決まって6時50分の電車に乗る。
車輌は決まって一両目だ。
特に理由はない。

階段を上がったホームに出たところに停まるドアがそこにあるからだ。

みのるは自宅から1時間かけて通勤している。

この通勤ルートになって半年くらいになるだろう。
以前はN市内で地下鉄だった。

今は在来線で地元に通勤しているのだ。

以前は住み慣れた街だか今は、ちょっと田舎だと感じている。

住み慣れた街も良いが…
今さら、帰るのもないかなと…。

出会い

出会いは、突然に訪れるものだ。
一日に何十人、何百人、何千人とすれ違い、そして、そのほとんどが意識されずに終わっていく。
人と人は、運命的に出会っているのだと気づいたときには、その出会いの意味を知るのだ。

人生のチャンスも同じように訪れる。

そんな中で『みのる』は『ちほ』と知り合った。
それは、偶然に訪れた。

チャンス

の神様は前髪だけがあって、後ろはつるっはげ。
チャンスは前にあり、後ろにはない。

ただし、チャンスは寝て待てとも言い…、どれがチャンスか迷う。

チャンスだと思ったときがチャンスだ。

目を

覚まそう。
作られた平和から
そして、自分の感覚を大切にしよう。

何がどうなっているのか
感じよう。

人間的に生きよう。

私の住んでいる

団地に猫の親子が住んでいる。
今日は、母猫と子猫が三匹くっついていた。
母猫は、がりがりだ。
子猫を育てるのに一生懸命だ。
その姿を見ていると幸せを感じる。

見ていると…幸せを感じる。

それは、それでよいのだが、見て感じるのではなくて、幸せを感じるのだ。
このニュアンスを伝えるのが難しいのだが…

何かが与えてくれるのではないのだ。

そう見えるとしても…。