人生は、お一人様、一回限りです。そんな人生を楽しむ方法紹介!!!。

今まで、ただ何となく生きてきた。生きるのが辛い、苦しい。そんなことは感じていない。
機械的に生きてきた。

人生を謳歌しませんか?。そうです。人生は辛くて、苦しいのです。ただ、何となく生きてはいけません。
生きる意味を感じなければいけません。

どうしたらいい?
このままでいい?

生きる意味なんてどうでもいい。今が楽しい。そんな生き方がしたい。
何でも手に入る人は、欲しくて欲しくてたまりません。何でも欲しい。

幸せの意味を知るといいです。
そんなことをメルマガ配信しています。

https://form.os7.biz/f/8b501098/

魔法の言葉って信じますか?。言葉の持つ意味を、あなたはどれくらい知っていますか?。

子供の頃から言い続けられた言葉。
どんな言葉を覚えていますか?

その言葉の意味を理解していますか?。
たぶん無理でしょう?。
どのように伝わりましたか?

それを今、あなたは実現しています。
素敵な言葉を言えというのではありません。
あなたが今、発している言葉は、幼い頃に学んだ。

言葉は言の葉と書きます。言霊という言葉もあります。
どんな言葉を使っていますか?。

そんなこんなもセミナーで扱う内容です。

こんな時代に必要な知識はどこで学びますか?

最近、あるラジオを聴いていて、これはすごいという情報を話していました。
それは、スウェーデンで使われている教科書の話でした。

しかも中学生の教科書。
それは、日本のものとはずいぶんと違う内容でした。

そして、この頃の多感な中学生には是非とも読み・聞かせ・議論をしてほしい内容でした。

そこで、私は考えたのです。こんな教科書を使って塾の指導をしようと。
受験のためだけの塾ではなくて、その子供の成長のために必要なこと。

こんな時代を生きるために必要な知識を得て、生きた体験をするために必要なこと。

興味のある方は、みのりI’LL塾まで、こちらのサイトからアクセスできます。

https://i-ll2.webnode.jp/

 

 

最近、思い出すこと。

小学生の頃からやっていたサッカーのシュートシーンを思い出す。
自分の得点したシュートでこれはすごいというプレイは覚えている。
小学生の頃は、朝から晩までサッカーに明け暮れていた。

サッカー小僧でした。当時はアシックスというメーカーのボンバー66
というシューズがお気に入りでした。みんなは運動靴という時代に
サッカーシューズを履いて登下校していました。

小6くらいになると靴のサイズが大きくてボンバー66も限界にきました。
それで勧められたのがプーマというメーカーの靴です。これをさすがに
小学生で履いていると目立つので控える。

先輩とかにイジメられるから…。それでもプレーは一流なので
靴の鞍替えという感じか?。靴でプレーの評価をされるのも
そんな時代だったということか。

当時は、特注という選択もあったが…。
それはかなわぬ夢に終わった。

 

 

 

日和見菌の話

善玉菌、悪玉菌、菌にもいろいろあるけれど「日和見菌」って言うのがある。
読んで字のごとく日和見なのである。善玉菌にも悪玉菌になる。
人間社会と同じである。

多勢に無勢という。どっちに行こうかな?菌の世界では通用しない理屈。
腐るという概念、そして発酵というが概念。いずれにしても人間には役に立つ。
微生物という分野はまだ未開の部分が多い。

善玉菌が多数いるから、悪玉菌が多数いるか、という理屈ではなく
日和見菌が善玉菌になるか悪玉菌になるか、それで違いでした。

 

 

 

たまたま偶然に電車に乗ったら、高校生の4人組を見かける。

何年生かな?。たぶん2年生くらいかな?。何部だろう?スポーツバックでは、判別できませんでした。
それでも、彼女たちの会話を聞いていると、できる選手だとわかる内容でした。見た目もそんな感じでした。
私の頭はタイムスリップして学生時代に戻ってました。

私は、いろいろなスポーツをしました。その中でも特なのがサッカーでした。
小学生から社会人になるまでしてました。自分のシュートシーンを思い出して
プロがあったらプロサッカー選手だったかも?。Jリーグ元年です。

そんな空想を頭の中で思い描いていました。
青春時代、誰にでもある。その時、その瞬間のことを今でも覚えている。

がんばれ青春!!!。という感覚になりました。