子供が育つ言葉のかけ方

ある本があります。子供が育つ言葉のかけ方を綴った本です。
有名な本です。

昨日は、ある店で外食をしていました。
対面する家族連れの会話が気になりました。

母親が子供に対して、しきりに、静かに食べなさい。
黙って食べなさい、うるさい!みたいな感じでした。

子供が3人いて、長男は小3くらい、次男は1年くらい
その次男が言われていました。

その子は、外食がうれしかったのでしょう。
母親は、周囲に気を使ったのでしょう。

日本社会ってこんな感じの家庭がたくさんありますね。
このご家庭が異常ではない。

それでも他人の私はちょっと子供がかわいそうと感じた。

しつけと虐待は違います。程度でわかります。

しつけはちゃんとしてもらいたい。
それでも、行き過ぎる親がいる。

それってあなたがイライラしているのでしょう。

子供は悪気がありません。大人がイライラしているだけ。
なぜって?社会に余裕がない。会社に余裕がない。

家庭に余裕がない。人間に余裕がない。
さて、どうしますか?。

※この本、ここに記載すると問題あるので、知りたい方はこちらへ

http://airu0413.blog.fc2.com/

のお問い合わせホームから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA