振られた。

これで人生の何回目の敗北であろう。自分を振り返ると情けなくなる。
こんなに相手を好きなのに。相手に伝われない。それが悔しい。

人を好きになる順序がおかしいようだ。
そして、相手を観察していたら気づく。

相手に違うと言われたらそれまでだ。
そんなこと言われる前に気づくこと。

それが欠けると振られるのだ。分かっているなら
次はうまくいく。

そして、忘れていくのだろう。

恋って奴は。

そして、愛って奴は
違うことに気づく。

大切な人

大切な人がいます。
いままでもいました。

そして、失いました。

わたしの一方的な思い込みから
失ったと気づいて

絶望してしまうのだけれど

大切な人を大切にする。

そんな当たり前のことを
人はできないときがある

そんなときはどうしますか。

日が過ぎるのが早いです!

2018年も3ケ月目です。毎年!毎年!過ぎるのが早い。

何時からだろう?そう感じるようになったのは…

今、死んで悔いはないか?そんな生き方をしているか?

自分らしく生きているので悔いはない!

ただ、後世に残したいものができた!。

このまま終わるわけにはいかない!。

うのあいるでした。

ブログを書いて思うこと。

そのとき、その瞬間に感じたことを書いたり、一日の振り返りとして書いたりする。

そんな、時間をとって、自分が感じたことをその日に、完結する。
次の日は、また違う日。
そんな、生き方をしています。
まだまだ、伸びしろがある。
さらに、伸ばしていこう!

これです!。(英語が話せるようになります。)

自分にぴったりのものや事があります!。

 

人は日常では、警戒します!→ 当然です → 防衛本能

日本では、拳銃はおまわりさんしか持てません。

アメリカでは銃規制が叫ばれます!。

 

中東に行った日本人が拉致られました。→ 結果は?

共に犠牲になった方もいます。

 

自己防衛本能です!。

これを取っ払うのは「無理」です!。

日常では!!!。

 

そんな、ことを書いている私がお勧めするのが

こちらです。

↓ ↓ ↓

しゃべってなんぼの英会話

 

見て、聴いて、感じてください。

 

英語が話せるようになりたい人は

こちらをどうぞ!!!

↓ ↓ ↓

しゃべってなんぼの英会話

 

私は、有名人ではない。そして…

このブログは、ずーと、ずーと前から書き続けています。

それは、自己表現の場所が欲しかったからです。

当時は、ネット環境も今とは比べものになりません。

 

みんなが、携帯やスマホを持ち、あらゆるところで

見ている。携帯やスマホがない生活なんて…

 

私は、密かに願っておりますが…

個人的に…

 

ビジネスには必需品です。

先日も、こんな電話がありました。

「みのりI’LL塾さんですか?」。生徒になりたいのかな?(私)

ホームページ見て電話しています。代表者の方ですか?

 

営業の電話でした。(残念)

 

私がホームページに自分の携帯電話の番号を載せている

理由。直にあなたと話したのです!!!!。

私は、それだけのトレーニングを積んでいます。

 

さすがにイタ電とか、電話はお辞めください!。

 

みのり塾も全国区になりました。

私のノウハウを知りたい方も

お問い合わせください!。

↓ ↓ ↓

みのりI’LL塾

セミナーを通して知り合った

30年近く続いたセミナーが去年になくなりました。私は、そのセミナーに20年近くボランティアとして、またN.L.Pなどのワークショップ参加をしてきました。

そのセミナーを卒業した人たちが一万人近くいます。

そのすべての人たちがつながることは、もうないとは思います。
私は、そこで学んだN.L.Pなどを広める活動をしています。
そして、N.L.Pやコーチングを取り入れた塾を立ち上げました。
それをフェイスブックやブログを通して発信をしています。そこに、そのセミナーで知り合った人たちが応援してくれています。
つながりはなくなってはいなかった。
私は、セミナーを主催する。
また、みんながつながるように活動していまーす。

関わりが希薄な日本の中で

ネットが普及して、みなが携帯電話やスマホを持つようになった。

変わってしまった。「関わり方」
話さなくてもメールで終わり?
関わってるふりはできるから
本来的な関わりは、直に会って話すこと!
人と人とのつながりは…
生半可なものではない!。
人と人との関わりはすべてのベースにある。

真理

物事には、真理というものがある。

うまくいっているものやことを見てみると

それが、わかる。

 

また、うまくいっていないこと

それも、見てみるとわかる。

 

わかると行動が変わる。

 

わかるまでは、いろいろ右往左往

してしまう。

それも人生です。