あの頃、僕が夢見た海岸線の夕暮れどき。

高校を卒業して、浪人生になった俺たちは、よく海に行ったものだった。あの場所から眺める風景がいまだによみがえる。あのとき、いろいろ迷いながらも手探りで探していました。そんな時もあっという間に過ぎて今がある。若き日の思い出である。あのとき、あの頃、何を感じていたのだろう。若かった。そして、今に至る。懐かしい限りである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA