あなたのなかにある感情に気づいてください。
プラスの感情もあれば、マイナスの感情もある。

その感情は何時のものですか?。現在、過去、未来?

その感情は、ずーっと、ずーっと気づかずにいたのかも?
紛れもなくあなたの感情です。

まず、自分の感情に責任を持ってください。すべての感情にです。
なぜ、そんなことを言うのか?。感情に縛られたい?。

Aが嫌だと感じているのは、あなたです。AはAでしかないのです。
人は、嫌な感情を嫌います。それでも、また嫌になります。

人は感情的な生きものだからです。感情があるから幸せを感じるのです。
嫌な感情ばかりを味わいたいですか?。

喜怒哀楽という喜び・怒り・哀しみ・楽しむという。
これを味わいましょう。喜びましょう。怒りましょう。哀しみましょう。
そして、楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA