我が回想

朝、電車に乗っていると、高校生がいた。外見からサッカー部とわかる。全国的に名門校だ。ふと、高校の頃を思い出した。当時は、サッカーで一目置かれていたが、全国レベルではなかった。同期で大学でもサッカーやってた奴がいたけど、歯が立たないと嘆いていたのを覚えている。スポーツの世界はセミプロなんて星の数ほどいる。そこからプロなんて一握りである。あの頃、もっと楽しんでいたらよかったなと。そんなことを思い出した。サッカー部の顧問の先生に練習誘われても行かなかった。自分だけが上手いと過信していた。若かりし日の苦い体験である。そうやって人は、可能性という扉を閉じていく。そんな人生よりは、可能性という扉を開いていく人生にしませんか。最期はみんなあの世へ旅立つのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA