親愛なるブルース

兄が死んで5年が過ぎた。
月日が経つのは、早い。

今でも、会えるかのように感じている。
しかし、現実はそうではない。

身近な人がいなくなる。
それを認めるだけ。

そんな兄のことを書いた本。
「親愛なるブルース」。

身近な人がいなくなる。
そんな寂しさを感じた時に
読んでください。

興味のある方はこちらに
無料です。

↓ ↓ ↓

https://form.os7.biz/f/1f96038a/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA