新しい時代になりました。

梅花の歌三十二首 序を并せたり梅花の歌三十二首 
序を并せたり

「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉に披き、蘭は珮後の香に薫る。」
この万葉集からの引用である。令和

私たちは、万葉集をどれだけ熟知しているのだろう?。
万葉集の心をどれだけ受け継いでいるのだろう?。

万葉集という言葉だけが独り歩きしていないか?。
それを感じてほしい。

日本という国がどれだけ素晴らしい国であるか。
もう一度感じる時でもあるのではないか。

そんなことを思うのです。

言葉だけが独り歩きする時代。
身も心も一体となりより良い時代にしていきましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA