1月11日が来ると思い出すこと。

この日が来ると思い出すことがあります。家庭教師として教えていた子とのこと。その子は、この日に自殺しました。何も言わずに逝ってしまいました。この日が私には記念日であると彼女は知っていたはず。だから、忘れないようにと選んだのかもしれません。彼女の人生の生末を楽しみにしていた。身内からはこのようなことがないようにと願っていたが、実の兄が逝ってしまった。5年が過ぎた。思い詰めると人は、逝ってしまいます。回避する方法は、そこまで思い詰めないこと。思い詰めるとそこから抜け出せなくなる。この兄のことは、「親愛なるブルース」という本にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA