必然その2

多恵子が笛吹きの練習をしている。

なぜだろう。

多恵子とはずいぶん前にデートした。

それから何回か会った。

電話で話をすることが多かった。

交際を申し込むがなかなか付き合うまではいかなかった。

お互いすれ違うことが多くなり、そのままの状態が続いた。

何の進展もなく、いつの間にか連絡を取らなくなっていった。

みのるがK市に来るのはもちろん多恵子のことがあったから。

そして、何よりK市に憧れていたから。

この街にやがては住むつもりでいる。

もう何10年も前に思い描いていたことを実現する。

多恵子が練習していたF公園を後に多恵子には声をかけずに

帰宅したみのるは多恵子に電話してみた。

みのる 「今日ね、K市に行ってたんだ。」

多恵子 「そうなんだ。私はF公園に行ってたよ。」

みのる 「知ってるよ。」

多恵子 「え、何で知ってるの?」

みのる 「だって、僕もF公園にいたから。」

多恵子 「そうだったの。」

みのる 「ねえ、笛吹きの練習してるの?」

多恵子 「そうだよ。」

みのる 「なぜ、笛吹きの練習してるの?」

多恵子 「内緒だよ。」

多恵子は笛吹きの練習の理由を教えてくれなかった。

それで電話を切った。

多恵子が笛吹きの練習をしていた理由をみのるはやがて知ることになる。

それは、みのると多恵子の運命的な出会いを導く鍵となることをみのるは

知る由もなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA