才能の芽

誰にも才能の芽があり、誰にも才能を開花させるチャンスがある。
では、才能を開花させる人とそうでない人がいるのはなぜだろうか?。
それは、たぶん、人との比較から起こるのだろう。
大衆化した成功がすべてではない。
才能とは人が本来的に備えた能力である。
それぞれが持つ能力を磨くだけで才能は開花する。
比較が起こるから、諦めてしまうのだ。
そして、能力的に秀でた者が成功者ではない。
自分の能力を最大限に有効に活かす者が成功者なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA