みのるは46才のバツイチだ。
奥さんとはうまが合わずに家庭内別居の末に別れた。
子供が二人いる。
みのるは養育費を払うために小説を書いて、自分で手売りしている駆け出しの小説家だ。

子供に会える日を夢見て、日々を送っていた。
人生には、いろいろなことが起こる。

子供のことを思うと、みのるは励まされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA