二人の記憶には前世のことなど残っていない。

しかし、みのるの感覚のなかには、姫につかえた日々のことが残っているのであった。

それが、ちほのことがきになる理由だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA