みなみは、改札前にいた。何かをするわけでもなく、誰かを待つわけでもなく。ただ、そこに訳もなく立っていた。
そこに、偶然居合わせたのが、佐織だった。
佐織は、大阪から静岡の幼馴染みに会いに来たのだ。夜行バスで静岡に向かう。時間があるので名古屋城を見に行く。

佐織はみなみに声をかける。

「名古屋城ってここからどう行けばよいですか?」

みなみは、こんな時間に一人で行く佐織に忠告する。

「こんな時間に名古屋城に行くのはやめたほうがいいですよ。」

ライトアップされているとは思うが辺りは暗い。
女の子が一人で行く時間ではない。

みなみは、こんな提案をする。

わたしが一緒に行きますよ。
みなみもなぜそんなことを言ったのか不思議でした。

とにかく、二人は地下鉄に乗り現地に行くことになる。

佐織は、カメラを出すと夜の名古屋城を撮り始めた。
みなみもスマホで撮っていた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA