そして、

昔、十数年前に、ある人と別れた。
彼女のことが好きだったが別れた。

彼女が精神的に楽になると思ったからだ。

それも、私の可哀想な自分からの答えだったのだ。

彼女と別れることは彼女にとってすごく可哀想なことをすると同時に可哀想だと思う自分との訣別でも有ったのだと今は、思う。

それで、何年も悔いた。

その時間は必要なかったのだ…。

可哀想な自分からの衝動がそれをさせていたのだ。

そのことも今は、受け入れている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA