ひととき。

多恵子との演奏を終えると、みのるは会場の片隅で、余韻に浸る。

そこに、多恵子が相席をしてきた。

「久しぶりね」

たわいもない会話だ。

「元気だった?」

そんな会話だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA