みのるは多恵子のことは忘れていた。

正確には忘れようとしていた。

多恵子と出会ってから2年近くは

彼女とはあまり仲良くしようとは思っていなかった。

昔、別れた彼女にどことなく似ていた。

だから、また同じことが始まるって思って

距離感を保っていたのだ。

それが、ある時、その距離感を埋める出来事が起こったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA