人生は奇なりとは言うけれども、本当にそうだと思う。

過ぎ去れば、すべては分かることだが、それにしても本当に

何が真実だか、そして、何がいいのか、それはそのときには分からない。

人生を進んではみたけれどもすべては遠い昔に消えていく。

ここに、未来を夢見て生き、そして人生の歯車に翻弄されながらも再出発を

した一人の青年の物語がある。それを目の当たりにしたとき人は気付く。

人生は挑戦することにその意味があることに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA