愛NGさよなら 09

あきおは玲子が言っていた
「試行錯誤の恋愛はもういいかな。」
って言っていたことを思い出した。

旦那との27年間の結婚生活
毎日求めてくる旦那
分かり合えた愛ではない。

私の体が大好きなだけと感じてしまう私
私は、愛されたい。

この人とは分かり合えない。

それでも求めに応じてしまう私
それって私なのって

それが彼女の彼女からのさよなら

私は、私と言える人との関りをしたい。
その人と自然に愛し愛される関係を求めて。

あきおはそんな彼女にいろいろ押し付けた。
自分の価値観を押し付けていたことに気づく。

彼女はありのままを伝えていただけ。
あきおは彼女と一夜を共にしたかっただけ

それであきおは彼女の求めていたことに
気づかなかった。

彼女は心から愛して愛されたいのだと。
それは、お互いを認め合うこと。

玲子からすると完全な一致

魂からつながってる感じ。

お互いの存在を感じて愛し合うこと。
それを玲子は教えてくれたのだ。

心と体が結ばれる関係を求めていたのだ。

あきおは前妻との関係を思い出した。
玲子の旦那と同じことをしていた。

妻は俺のもの。自分の思う通りにするもの
そこにはお互いの存在はない。

あきおは、それに気づいて別れたのだ。
彼女とは分かり合えないと。

玲子にも同じことをしていたと気づく。
お互いを認め合う関係がいいのにね。

認め合うって難しい?。
愛してると人は言いますが

愛し合ってるかい?。

それに気づいて
あきおは玲子との関係を

リセットした。
玲子が求めていることを

私は与えることができるか。
この残りの時間を玲子と共有したいか。

迷うことはなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA