うのあいるのブログ

人と人との関わりを大切にすること。

今日は、昨日と今日で東京にいました。そこでN.L.P.に携わる方々との勉強会と交流を図りました。東京の勉強会では、さらに踏み込んだセッションをしていました。これは名古屋の勉強会にはない動きです。とにかく、この素敵な活動を続けている有志がいることに誇りを感じます。遠い空の下で同じように感じて活動している。つながっているのだと感じました。東京って人の数が半端ないです。だから孤独感も感じますね。みんなつながっているようでつながっていない。それが東京の病理である。と私は思います。今の日本に必要なことと通じるものがある。それを、改めて伝えていくという覚悟ができました。そんな東京ひとり旅でした。

東京という化け物に物思う。

今回、東京で勉強会を主催している方々との交流を目的に訪東しました。東京という化け物を感じました。数年前まで東京は身近な存在でした。東京という都会は華やかであり、人の数も蟻んこの様です。私の私見ですが東京という都会は人間の能力を狂わせるのではないか?。いろいろな選択肢があるが人間らしく生きるためには田舎暮らしがお勧めである。私もまだ実現途中であるが、田舎暮らしが理想である。東京という都会では孤独感を感じてしまう。人の数が尋常ではないからである。都会暮らしに憧れる人もいるのだろうが私は、今回の東京訪問でそんなことを感じました。人の数だけの価値観が溢れている東京、魅力的ではあるが私の範疇を超えるのだろう。それが本音である。

時代が変わるということ。

ある野球選手が引退します。過去に見た引退会見とは様相が違いました。何があるのでしょうか?。素朴な選手です。地道に歩んできたようです。


その選手のある言葉が気になりました。


日本でプレーしますか?。


即答でした。


しません。


失礼な質問ですね。


米国に渡り大リーガーとなった。
その誇りを感じます。


この引退会見の普通さが恐ろしい。
それが彼の偉大さなのだと感じました。



つながり

つながりって大切ですね。過去に絶ったつながりを感じて涙する。
そんな時間も大切ですね。

慌ただし日々に、少し休んでみて
体からの感情を味わってみると

人は涙するようです。

また、新たなスタートですね。では。

あなたの人生を思うとおりに生きる。

あなたの人生は、思うとおりに生きれるようにできています。あなたの人生がつまらないのは、あなたがつまらないから。あなたの人生が楽しいのは、あなたが楽しいから。あなたの人生がうまくいくのは、あなたが何かをしているから。あなたの人生がうまくいかないのは、あなたに何かが足りないから。そうです。あなた次第なのです。そんな人生を活かすのもあなた次第。そう思って生きるだけです。

いい「もの」や「こと」を伝える

私は、探しています。いいもの、いいこと。なかなか埋もれてます。世の中には、悪いこと、揚げ足取りが蔓延しています。なぜでしょうか?。いいこといいものを探しています。だから見つかるのです。見つけましょう。あなたの周りのいいこといいもの。それがすべてです。難しことは抜きにして、それをしましょう。

3.11から8年

未曽有の大災害から時間が流れています。被災された方々の心労は計り知れない。私たちのできることは、忘れないこと。変わることと変わらないことがあります。あれからいろいろ変化してきました。これからもがんばりましょう。お互い様です。

3月の勉強会にて

自分のことにチャレンジしている人たちとの勉強会です。N.L.P.というコミュニケーション心理学を通して知り合った人が集まり定期的に開催しています。

コミュニケーションスキルを学んだだけではなくて、それを実際に活用して違うを創り出すことをしています。

ただのスキルアップだけではありません。
それもベースにあったセミナーのおかげであった。

セミナールームでやるのと公共の施設を利用するのとでは環境が違うのです。
繊細に鋭敏に自分を感じることをするので、雑音が気になるし、人の存在が気になる。

世の中はそんなのお構いなしに動いています。
いろいろなチャレンジがあるから今があるのです。

チャレンジとはそんなに難しいことではありません。
そして、簡単でもありません。

すぐにお金持ちになりますよ。とかすぐに異性にもてるようになりますよとか、夢がかないますよとはそんな簡単ではありませんが難しいことでもないのです。

ただこれだけは言えます。決めてするかしないかは人生に大きく影響します。そんな当たり前のことですが有用なことをしています。

興味のある方はお誘いしますよ。一報ください。



私が目指すものそれがこれ!。

小さい頃、母子家庭で育ちました。小さなアパートでとにかく上を目指していました。母はできるだけのことはしてくれました。それに、私は特殊だったようです。勉強も運動もできました。それしかないから。両親の居る家庭にお世話になりました。それでも身分社会のような感じです。自分ではどうにもならない格差を感じていました。中流意識といいますが身分社会です。農耕民族である過去の記憶から仕方がないことである。なぜ?自分の子供には、いい教育を、いい環境を用意するのだろう?。上を目指すようにできているのです。ゲシュタルトセラピーである実習をしたときに気づきました。それを見ていた何人かの人も感じたはず。すべての人がそれを体験したらこの世から独裁者は現れないだろう。痛ましい事件は起きないだろう。事故はどうだろう?。そんなものは必要なくなる。さて、私が目指すものはこれです。解説はまたの機会にします。感じてください。