あいるの小部屋

あいるの小部屋

気づくことから。

気づいたって、変わらねえ。そんな時代もあった。 気づくことだよ。そんな言葉を口癖のように 何度も言ってはいたけれど。気づくか気づかないかは。 天と地ほどの違い。 気づかないと変わらない。何が変わらないか。 自...
あいるの小部屋

うのあいるの人生事始め

なんてタイトルにしてみました。今までの人生を振り返ると気づくこと そして、これからの人生をどう生きるか。 そんなヒントが満載の日記です。 ふと気づいては、すぐに消えてしまう。そう無意識ってそんなものです。 だから取...
あいるの小部屋

NICE TO MEET ME

自分に出会うという体験をした。それはもう昔の事である。32歳だから20年以上も前 セミナーに参加した理由は、夢が実現するというので、何でもできるようになるというので、異性にモテるし とにかく大成功したくて参加した。たかが9万5...
あいるの小部屋

2023うさぎ年

新年あけましておめでとうございます。旧年中は、いろいろあった一年でした。 また新しい年が始まりました。いかがお過ごしですか。 さて、わたしも53年も生きてきました。いろいろな体験を通して価値観が固定化していきます。 物事...
あいるの小部屋

ラベリングについて思う事。

何だか世の中が普通の人を良しとし変わった人を排斥しているように感じるのは わたしだけでしょうか。 発達障害やコミュニケーション障害だとか異質なものを排斥して標準化するような感じだ。 発達障害って何を基準にしているのだろう...
あいるの小部屋

ウイキャンスピリッツ

それは、わたしが30代の時に感じた感覚である。そのために、いろいろチャンレンジした。 一人ではなく、仲間と共に。 そんな体験があるから、今がある。今の時代を生き抜くために そんな仲間と共にまた始めたいね。その時、その瞬間...
あいるの小部屋

明日のこの国を創る若者を育成中

N.L.P.というコミュニケーション心理学を習得してゲシュタルトや交流分析に精通している。 そんなわたしの体験談である。 出来の悪い人間を良くする方が簡単である。天才を創ってもこの国のためにはならんね。 そもそも天才って...
あいるの小部屋

内面と外面

うちづらとそとづらである。よそゆきという言葉もある。それくらいに人は違う。 そとづら良くてもうちづらも良くないとね。 この良くないとという評価もまた違う。この評価があるので、内と外をづらすのである。 それがストレスとなる...
あいるの小部屋

自分の道は何処にかある。

いろいろ感じた1年である。始まりは、ゲシュタルトのワークのお誘いから N.L.P.にもゲシュタルトにも交流分析にもココロの何処かで、だから何なのか。 そう感じていた。自分の望む成果や結果ではない。 むしろ、嫌な自分が露呈...
あいるの小部屋

そんなことに気づいている。

そんなこと、今更、気づいてどうするの。そんなこととは、中身がないという事。 いつも中身がない感じがしている。中身というのは、芯の事。 中心がない。それってどういうことか。 そして、そんなこと今更、思い出してどうするの。 ...
タイトルとURLをコピーしました