我が回想

我が回想

Follow Me

そんな歌をよく聞いていた。地元の海に行きひとりであれから数十年も経ちました。高校時代に友人と良く来た海辺ずーっと眺めていた。 時間が過ぎるのも忘れて彼女とも過ごしたその場所未だに覚えている。 そして、気づいた。力を入れなくて、...
我が回想

保護中: 若き日の思い出

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
あいるの小部屋

親愛なるブルースへ

親愛なるブルースという本を書いた。ブルースが死んで間もなくのこと。それを手渡しで売った。というより差し上げた。快く受け取って頂きありがとう。ブルースと墓参りに行ったことがある。   その時に、先に死んだら本書いて売るからな。 ...
あいるの小部屋

保護中: 親愛なるブルース

享年49歳でこの世を去った兄のブルースについて書いた小説を紹介しています。
我が回想

生き方ホウテイシキ&幸せ方程式

誰でもそれは、気づくはずなのだ。そして、そう生きるはずなのだ。それがうまく行かない世の中なのか。 気づかない振りして終わるのか。それだけの違いなのだ。 気づいたなら、それに向かうといいだろう。自分の人生は自分で決まるのだ。 ...
我が回想

今から思っても気はずかしい

そんな体験を高校の頃にした。文化祭だったか、なんだか忘れたが先輩が何だかアトラクションをしているのが格好良くて、バンドも格好良く そんなのできないけれど 勢いで申し込んでみんなの前で女装してセーラー服を先輩に借りて スケ...
タイトルとURLをコピーしました